ヤマザキマリの人生相談は最低レベル

私はたまに、毎日新聞を買って読みます。

前から、新聞とかの人生相談は、あんまり好きじゃありません。

だけど、本当にいやなのは、「わざと取り上げて叩く」という上から目線です。

ほんっとうにいやです。

シモジモの人間の苦労を取り上げて大勢の目の前で蹴っ飛ばすなんてやっていいのでしょーか。

今日も、お金がなくて困ってる人のことを、「私の周りに似たような状況の人がいるが、働いてやっている。母と子だけでも苦労してやってる人はいる」とか叩いてました。

一歳児抱えて、仕事に出れますか?

生活にも苦労してる、と言う人のことを、なぜ漫画家がここまで叩くんですか?

漫画家の知り合いってことは、そこそこ状況の整ってる人だし、漫画家本人だって、売れるようになるまでは親の世話になってたわけだし、そもそもある程度の経済力のある家の人間でなければ、難しいような世界ですよ?

ヤマザキマリって、テルマエロマエって言う漫画の作者らしいけど、すごい金持ちの家の人らしいし、そんな人が貧乏人を叩くのを、新聞に載せますか?普通。

この人の漫画で、いやだったのは、ヒロインが「奴隷」として売られそうになる、と言うときの「奴隷」の描き方です。

すっごい上から目線で、自分だけは貴族のつもりで、助けられてよかったね、あんな人間じゃないような奴隷にならなくてよかったね、という描き方がいやで、あー日本は終わりだ、と思いました。こんな漫画が出てきたら。

その人の漫画は買わないし読まないんだけど、新聞は必要だし、無知はいかんから無理して読んでいます。その新聞に載せるな。

なんで、毎日新聞に書けるような人が、一介の貧乏人をここまで叩くんですか。

上から目線は嫌いです。

毎日新聞でもなんでもそうだけど、上から目線で有名人が無名人を叩くのは、見ていていい気持ちはしません。

公平でも公正でもないし、無知を露呈して「新聞」「文化人」「医者」とうとうの権威を背景にして、普通の人を叩くのはやめてほしい。

でもずーっと変わってないんですよね。

これだったら、少数者をいじめて叩く産経新聞とかと変わんないじゃん。

世の中に悪い人はそういなくて、弱い人が困ったことになってしまうんだけど、なぜかこういう人生相談はわざわざ、相談してきた個人を責めます。

私はそういうのがはらわたが煮えくり返るほどきらいです。

お前じゃなくてよかったよ!!と偉そうな相談者に向けて毎回つぶやいています。

新聞社に勤務してなくてよかったです。エリートばかりだから、こういうことになっちゃうんだろうけど、そんな人たちと付き合いたくないし。

幼いころから教育費をたくさんかけられて、いい大学へ行って、知能指数を引き延ばして、これですか。

笑っちゃいます。なんかおかしいよ、毎日新聞

こんなこと言ったり書いたりする人たちより、鼻歌を歌って歩いてる老人の方が、なんぼも人の心を慰めているし、ほっこりさせます。

毎日新聞の上から目線と、産経新聞の上から目線は、どっちもきらい。

毎日新聞の人に言いたいんだけど、自分は弱者を差別してないつもりですか?

クズだわいらないわ。人生相談もそうだけど、ピルの売人の書いてる記事もいらないわ。

築地市場の移転をよいしょする記事もいらんわ。

書いても誰も読みませんが、私は怒っている。

貧乏人はこうしてブログを書いてもほぼ誰にも届かないが、新聞は巨大資本をもとに、すごいエネルギーを使って人にほぼ一方通行に情報を届けて、操作しようとする。

その中には心理的殴打も多いし、差別的なものもあるし。書いてる人も載せる人も野蛮なんだと思います。